TAD D1000-TX, DA1000-TX 新製品情報!

TADより10月発売の新製品情報です!

深化したEvolutionシリーズ!
ディスクプレイヤー「TAD-D1000TX」
D/Aコンバーター「TAD-DA1000TX」を発売!

TAD D1000-TX (CD/SACDプレイヤー)

シルバー定価¥2,310,000 / ブラック¥2,365,000

TAD D1000-TX (DAC)

シルバー¥1,540,000 / ブラック¥1,595,000

TADは国内ブランドを代表するハイエンド特化メーカーとして高いクオリティと人気があり、H.A.L3でも以前よりアピール、デモをしております。現在でもCD/SACDプレイヤーのD1000 MK2や人気のSPのE1-TXME1、ステレオパワーのM2500 MK2も展示をしております。一般的にTADは「アンプまたSP」のブランドというイメージが強いかも知れませんが近年のTADはDISCはもちろんデジタルのサウンドの作りこみも高く国内ブランドを代表するブランドの一つと言える評判です。実際にH.A.L3でのお客様の評判も高く初代ハイエンドモデルのD600時代からのブランドの歴史とTADサウンドを伝承しています。

これまで多くの方に評判のCD/SACDプレイヤーのD1000 Mk2、DACのDA1000がいよいよTXへと進化します!

1) 新開発の第三世代USBエンジンを採用

独自に開発したアシンクロナスUSB伝送エンジンを採用したUSB Audio Class 2.0に対応するUSB端子を搭載。伝送状態を本機で制御することで、PCなどから受信するデジタル信号を正確に受信します。また、純度の高いクロックで読み出すため、ジッターから解放された極めて純度の高いデジタル信号になります。第三世代となる本USBエンジンは、FPGA内部回路を見直すことで、音質の向上だけでなくDSD256(11.2MHz)信号に対応。動作遅延を大幅に削減し、ローレベルの歪特性を改善しています。

2) 「超高C/N※2マスタークロックUPCG※3」を搭載

上位機種「TAD-D600」と同等の「超高C/NマスタークロックUPCG」を搭載。高速デジタル通信基地局で使用される高C/N化技術手法をベースに、物理特性の追求と試聴を繰り返し開発した高純度マスタークロックによって、ディスクに記録された信号や入力信号の再現性を極限まで高めます。さらに、デジタル入出力回路とUSBエンジンそれぞれに専用の新開発高C/Nクロック回路を搭載し、より純度の高いデジタル伝送が可能です。

※2 C/N:Carrier to Noise ratio (搬送波対雑音比)
※3 UPCG:Ultra high Precision Crystal Generator

3) 電源回路を高純度化

電源トランスの内部巻線を直出しすることで引き出し線との接点を極力削減し、高純度化を追求。また、直出し線のターミナル、基板マウントターミナル、締結ビスに非磁性のメッキとOFC純銅を採用し、磁性歪を徹底的に排除しています。さらに電源トランスの取付台座に6mm厚の真鍮製ベースを採用し、電源トランスの不要な振動を抑えています。

4) 外部振動の影響を抑える低重心構造と新開発インシュレーターを採用

外部からの振動の影響を抑える8mm厚の無垢材アルミニウムシャーシと重量のあるパーツを下底部に配置した低重心化により、徹底した制振構造を実現。新開発のインシュレーターは、荷重ポイントの明確化や接地面からの振動影響の低減、アイソレーション性能の向上を実現し、よりクリアな音の再生を可能にします。

5) LINE出力用ボリューム機能搭載によるシンプルで高音質なシステム構成が可能

LINE出力に高音質なボリューム機能を搭載。パワーアンプとダイレクトに接続し、プリアンプを介さないシンプルな高音質オーディオシステムを構成することが可能です。多様なメディアに対応し、純度の高い音質を楽しめるデジタルメディアセンターとして使うことができます。また、「TAD-DA1000TX」は、ヘッドフォン端子および独立したヘッドフォンボリュームを装備しています。

6) 高精度ローディングと静粛性に優れた独自のCDメカを搭載(「TAD-D1000TX」のみ)

スムーズで精度の高いローディング動作に加え、サーボ系へ与える外部振動の影響を最小限に抑えた独自のCDメカを搭載。アルミ削り出し加工によるディスクトレイ部は、低振動・高剛性を実現し、黒色の素材を採用することでレーザー光の乱反射を防ぎ、読み取り精度を向上させています。

D1000TXの仕様

デジタル入力端子 (5系統)XLR×1、同軸×2、光×1、USB (標準B型)×1
対応サンプリング周波数 (XLR/同軸)44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
対応サンプリング周波数 (光)44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz
サンプリング周波数と対応OS (USB)44.1 kHz※4、48 kHz※4、88.2 kHz※4、96 kHz※4、176.4 kHz※4、192 kHz※4
352.8 kHz※5、384 kHz※5
DSD64※5、DSD128※5、DSD256※5
USB動作環境USB 2.0 ハイスピード
出力端子 (デジタル)XLR×1、同軸×1
出力端子 (アナログ)バランス×1、アンバランス×1
定格出力電圧 (アナログ)バランス 4 V、アンバランス 2 V (1 kHz、0 dB)
S/N比115 dB
周波数特性サンプリング周波数 88.2 kHz以上:10 Hz ~ 40 kHz、-1 dB
サンプリング周波数 44.1 kHz:10 Hz ~ 20 kHz、-1 dB
再生ディスクSACD、CD、CD-R、CD-RW
電源電圧AC100 V、50 Hz / 60 Hz
消費電力43 W (待機時消費電力0.5 W以下)
最大外形寸法 (W×H×D)440 mm × 150 mm × 406 mm
質量18.5 kg

DA1000TXの仕様

デジタル入力端子 (5系統)XLR×1、同軸×2、光×1、USB (標準B型)×1
対応サンプリング周波数 (XLR/同軸)44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz、176.4 kHz、192 kHz
対応サンプリング周波数 (光)44.1 kHz、48 kHz、88.2 kHz、96 kHz
サンプリング周波数と対応OS (USB)44.1 kHz※4、48 kHz※4、88.2 kHz※4、96 kHz※4、176.4 kHz※4、192 kHz※4
352.8 kHz※5、384 kHz※5
DSD64※5、DSD128※5、DSD256※5
USB動作環境USB 2.0 ハイスピード
出力端子 (デジタル)XLR×1、同軸×1
出力端子 (アナログ)バランス×1、アンバランス×1
出力端子 (ヘッドフォン)ステレオ標準プラグ (Φ6.3 mm) ×1
定格出力電圧 (アナログ)バランス 4 V、アンバランス 2 V (1 kHz、0 dB)
S/N比115 dB
周波数特性サンプリング周波数 88.2 kHz以上:10 Hz ~ 40 kHz、-1 dB
サンプリング周波数 44.1 kHz:10 Hz ~ 20 kHz、-1 dB
電源電圧AC100 V、50 Hz / 60 Hz
消費電力49 W (待機時消費電力0.5 W以下)
最大外形寸法 (W×H×D)440 mm × 150 mm × 406 mm
質量16.5 kg

プレイヤーのT1000はオリジナルが2013年、Mk2が2015年発売、そして2011年にD1000 TXとして進化しますので期待ですね!あえて上位モデルや下位モデルではなくD1000シリーズの成長をさせたこともTADのD1000のモデルの大切にしているのでしょう。

製品版としてデモできることを楽しみにしています!

TAD D1000のレビュー記事
TAD D1000 MK2のレビュー記事

ご検討されるお客様はお気軽にご相談、お問合せお待ちしております。

ご予約、お問い合わせはこちら

フロアページです!特価、新入荷など随時更新!

https://dynamicaudio4f.wordpress.com/DynamicAudio 5555 H.A.L.3dynamicaudio4f.wordpress.com

Twitter

H.A.L3 facebook

4FBLOG

H.A.L3の中古、展示販売ページ

中古品の販売について

↓以下問い合わせ↓

諸石/4F(木曜定休)
03-3253-5555
moroishi@dynamicaudio.jp