AURORASOUND PREDA-Ⅲ

フォノイコのVIDAが何より代名詞でもあるAURORASOUNDですが、セパレートアンプもラインナップされておる、今回のPREDA-ⅢプリアンプはAURORASOUNDの醍醐味を味わえた上で高いレベルを持つプリアンプです!

PREDA-Ⅲ(プリアンプ) 税別¥840,000

「PREDA-IIIはプリアンプの基本機能である各種音楽信号の集約、その選択、音量調整を行い信号を整えてパワーアンプへ送るということを確実にかつ快適に行うことを目的として開発。DAC,CD フォノイコライザ、また真空管など異なる音楽ソース機器に対して情報を損なうことなく集約し、信号を整えて様々な種類のパワーアンプをドライブするためには、入出力コネクタの品質、アンプ回路の性能、ボリューム部品の信頼性、電源回路の盤石性などだけではなく筐体の堅牢さや切り替え時のノイズ皆無、つまみの操作フィーリングまで細部にわたった綿密な設計が要求されます。PREDA-IIIはこれらプリアンプとしての基本性能を徹底的に追求。」

1. L/Rモノラルブロック構成
すべての入出力回路、信号経路、増幅回路、電源部, 電源トランスがL/R完全に独立しています。
理想的な各部品の配置により信号経路の最適化、発熱や振動に対する安定化などに配慮し理想的なチャンネルセパレーションを実現。
  
2. 完全バランス伝送、バランス増幅回路
すべてのXLRバランス入力に対して完全バランス伝送と増幅を実現、RCAアンバランス信号に対してもバランス信号を生成し、出力はXLRバランスとRCAアンバランスに対応しています。
 
3. 増幅回路にAurora AMP-2 Rev.4 モジュールを新開発。
PREDA, VIDA-Supreme等でつちかわれたAMPモジュールをさらに発展させ、当社比1.5倍のハイスピード、ローノイズ化を進めました。 NECと東芝のディスクリートFETとトランジスタ、ドイツWIMA社のフィルムコンデンサを採用。TAKMAN社の国産オーディオ用金属皮膜抵抗器は、Ni-Cr-Al系材料を主体とした抵抗薄膜と真鍮キャップ、無酸素銅リード線の採用、精密なレーザートリミングにより高精度化と最適なコーティングが施されています。 本AMPモジュールには各部品の動作温度の均一性とノイズに対する対策に特製カバーを装着しました。

4. ALPS社製 高精度大型ボリューム
振動に強い黄銅削りだしの堅牢な構造、高音質低歪率カーボン抵抗体、鏡面構造の抵抗体基板に金メッキ・マルチワイヤブラシを採用し、操作フィーリングと音質を兼ね備えた最高級の逸品です。
ボリュームの前後にバッファーアンプを配置することにより、いかなるインピーダンスの音源機器に対しても
ボリュームを絞ったときの音のやせや高域の減少が無いように配慮しています。


5. XLRコネクタは高信頼性のノイトリック社製、RCAコネクタは黄銅削り出しにロジウムメッキ
確実な信号受け渡しと、長期間の安定使用に耐えます。

6. 光学式エンコーダーとアルミブロック削り出しのつまみによる滑らかな入力切り替え機能
信号切り替えにはBurns社製光学式エンコーダーとOMRON社製高信頼性高精度リレーを採用し、信号経路を最短に確保、切り替えや電源ON/OFF時のショックノイズをなくし快適な操作フィーリングを実現。電源OFF時には前の状態を記憶するレジューム機能搭載。

7. グローバル位相切り替え機能
録音物の状態に応じL/R全体の位相を切り替えて好ましい方を選択して聴くことが可能です。
お使いのパワーアンプに合わせてXLRバランス信号のHot/Coldの切り替えにも使えます。

8. ソリッドアルミニウムボディ
前面パネル10mm、側面8mm、天板、側板5mmの精密加工された堅牢でずっしりした筐体。そこに各種回路、電源を搭載し、フットインシュレータには特製鋳鉄製を採用し優れた振動吸収特性を実現 しました。

通電すぐの試聴ですがその特徴はすぐにわかりました。

「すべての入出力回路/信号経路/増幅回路/電源部/電源トランスを左右チャンネルで完全に独立させたL/Rモノラルブロック構造を採用。」という構造が音にそのままとても良く出ているので広がりや奥域にでています。フォノイコライザーの勢いのある音色とは異なり音色の鮮度や音を丁寧に歪なく増幅している印象です。ただどこかVIDAの匂いを感じるのは設計者が音に出てきているからだと思います。試聴で聴いたBLUESはとても音楽の持つ色濃さや勢いがSPを通して感じられます。ソリッドステート構成なのもこの音の立ち上がりなどに繋がっていると思います。今回はCD、データ再生で試聴しましたのでアナログサウンドで聴く、またVIDAを入れてのPREDA-Ⅲの試聴も楽しみです。

パワーアンプもAURORASOUNDで組むことも可能でしたが、あえてプリアンプ単体の性能を味わいたく、イタリアGRANDINOTE、MOLA MOLAのパワーアンプで試聴をしています。
プリアンプで積極的に色付けも少ないので組み合わせるパワーアンプの色や音色がそのままPREADのスケール感を合わせて出てきますので色々なパワーアンプとの組み合わせもしやすいはずです。

個体の金属加工、各位つまみも上質ですので是非試聴とともに触れて操作いただきたいポイントです。

サイズや重量も手ごろで、価格も84万というセパレートアンプの激戦区でもある100万手前ですので多くの方の今後のステップアップの検討になるのではないでしょうか。

ご自宅でよい音で音楽ライフを楽しんでいただきたいです!

機器を指定しての試聴は予めご予約をいただきご来店をお願いいたします。

フロアページです!特価、新入荷など随時更新!

https://dynamicaudio4f.wordpress.com/DynamicAudio 5555 H.A.L.3dynamicaudio4f.wordpress.com

Twitter

H.A.L3 facebook

4FBLOG

中古品の販売について

↓以下問い合わせ↓

諸石/4F(木曜定休)
03-3253-5555
moroishi@dynamicaudio.co.jp