YG ACOUSTICS Vantage ミニレポート

YG ACOUSTICS  Vantage

スピーカー ¥4,800,000(税別)

仕上げはブラック、シルバーの2色

本国サイトはこちら

STEREO SOUND GRAND PRIX2020 受賞スピーカーのYG ACOUSTICS Vantage。
YG ACOUSTICSは日本に上陸してからすぐに評判を得たブランドになります。それから追いかけるようにMAGICOが登場しました。MAGICOは初期だけウッドキャビネットを採用しておりましたが、今では金属の筐体を使用した密閉スピーカーの2巨頭がこのYG ACOUSTICSとMAGICOになると思います。

YG ACOUSTICSと言えばKIPODそしてANATというモデルで一世を風靡し、ここ最近ではSonjaが大ブレークし、Haileyに関してはこのフロアでも数セット出荷しております。またそれぞれのモデルが少しずつ改良を行っており、ネットワークやユニットなどヴァージョンアップもできるようになっております。
価格的なものもあり、コストを抑えたCarmelというモデルを発売し、実質3ラインナップになりました。昨年その間の価格帯として登場したのがVantageとなります。

Haileyの弟という位置づけになるかと思いますが、サイズ的には思ったほど変わらず横幅は1cm違いの32cm、高さは10cm低い112cm、奥行は54cmで同じになります。高さに関してはHaileyはグレードの高いスパイクになっており、その分の高さがありますので、サイズははぼ同等と思っても良いと思います。
さてHaileyとVantageの違いはまずはツィーターの違いとなります。

上位モデルは「Billet Dome™」 ハイブリッド・ツイーターとなっており、1個あたり33万という価格のツィーターになります。VantageはCarmelと同じツィーターになります。

ウーファーユニットはHaileyが25cm、Vantageは22cmとなっております。後はネットワーク部分の違いが大きく、価格差はネットワークとツィーターということになるでしょう。

スピーカーターミナルはバイワイヤーとシングルワイヤーと注文時に受付可能になります。

音質的にはスピーカーの存在を意識せず見晴らしの良い音でリアルなサウンドになります。スケール感といった面では箱を鳴らすスピーカーに比べるとこじんまりしてしまいますが、ただ余計な響きを持たないというのがこのブランドの良いところです。密閉スピーカーの場合はアンプがしっかりしていないと高域がきつくなってしまうところがあります。もちろんこのVantageも同様ではありますが、上位モデルよりも比較的ドライブしやすいイメージを持ちます。
ベースラインは膨らむことがなく、音のかぶりが少なくなりますので、中高域の音もスムースに感じます。
ソフトに入っている情報、そして機器の魅力を引き出したい。低域の解像度が高い方がお好き、そして音色的にも明るい方が良いという方向けのスピーカーになると思います。
上位モデルHaileyからするとやはり価格面では仕方ないというところはありますが、やはりYG ACOUSTICSの魅力があふれたモデルになります。
常時展示ではございませんが、ご希望がございましたらご相談ください。

お問い合わせはこちら

DYNAMIC AUDIO 島 健悟

以前YG ACOUSTIC社からいただいたものです。もう15年経つかと思うと早いものです。