VOL.111 Dreamin’

tyor1001.jpg

VOL.102 Dreamin’ / Hanah Spring

WAV 48kHz/24bit

購入先はこちら

私がこのHanah Springさんを知ったのは好きなアーティストでもあるMISIAのライブ「MISIA 星空のライヴVII」でした。その時のライブはコーラスが3人いたのですが、その一人がHanah Springさんでした。
彼女は5オクターブの音域を持ち、MISIAのバックメンバーとなるとバックもここまで凄いのかと感動したほどでした。

その彼女はソロ活動もしっかり行っており、今年の2月にソロアルバムとして2枚目のDreamin’を発売しました。今回紹介させていただくアルバムとなります。

実は今年の2月にお世話になっているお客様から凄いアーティストがいるんだけどお声かけいただきました。そのお客様は今年の2月に開催されたPYRAMID (Gt鳥山雄司 Dr神保彰 Pf和泉宏隆)のライブに足を運ばれ、その時のライブのゲストがHanah Springさんで、かなり感動された様子で、私に連絡をくれました。

またあるオーディオ(音楽)関係者と話をする機会があったのですが、その方もなんと彼女のファンであるということでした。
あまりメジャーではない方であっても業界筋では非常に評価の高いアーティストはいるもので、今度試聴会を開催させていただくSWING-Oさんの昔のアルバム「遊女ASOBI」にはHanah名義時代に参加されております。

彼女はなんとアコスティックギターで弾き語りもできるということも非常に好感が持てます。

ご本人のインタビュー記事はこちら

インタビュー記事の最後に「アコースティック・ギターと歌だけの作品をハイレゾで出してみたいと思っています。」とありますが、是非実現して欲しいですね。

さてこのDreamin’はHanah Springさんの歌だけではなく、バックの演奏も素晴らしい。
楽曲はSOULとR&Bがメインになりますが、ドラムはMISIAのバックメンバーでもあるTOMO Kanno。キーボードは大野雄二さん率いるYuji Ohno & Lupintic Sixでも活躍中のJUN MIYAKAWA、ギターはパートナーでもあるSATOSHI YOSHIDA、ベーシストはSOKUSAIなど気鋭のアーティストが揃っております。そしてNYで活躍するエンジニア:Tim Donovanがミックスとマスタリングを担当しております。

それぞれの楽曲で彼女の歌のセンス、それをしっかり支える演奏の素晴らしさを感じます。
個人的にはアップテンポでギターのカッティングが目立つオープニング、そしてそれぞれの演奏が引き立っている「Time Traveler」懐かしさの中に気持ち踊る「Song 4 Dralin’」。哀愁たっぷり歌いあげる「君のいる場所」がお気に入りですね。全体的な音のバランスも良く、ハイレゾの魅力がしっかり生かされているアルバムになっております。好き嫌いがはっきりしてしまう楽曲だとは思いますが、是非ご堪能ください。
今度しっかりライブで彼女のステージを見てみたいと思っております。

DYNAMIC AUDIO 島 健悟