お客様訪問記 Vol.112 都内在住 N.M様

title_island

自身のモチモノとしての魅力

112回目は都内在住のN.M様宅へ

「ちょっとおじゃまします。」

N.M様との出会いは2019年5月28日にいただいた1通のメールから始まります。

オーディオの総入れ替えを検討されており、FOCAL SOPRA N°2が展示してあるということで、メールを頂戴いたしました。メールの冒頭に
「音もさることながら,自身のモチモノとしての魅力中心に考えています。」
という内容があり、その後に色々な内容のご質問がございましたので、まずはご来店いただき基準を作っていただきたくご来店のお願いをいたしました。

最初のご来店は6月7日の午後になります。奥様とご一緒に楽しまれているということでお二人でのご来店となりました。メールの中で真空管アンプを使ってみたいということでOCTAVEを候補に挙げられておりました。まずはFOCAL N°2 とOCTAVEのV80SE、プレーヤーはTAD-D1000MK2の組み合わせでご試聴いただきました。等フロアで展示している色は現在オレンジですが、N.M様は購入するのであればブルーが希望ということでした。ブルーが本国では既にラインナップから外れているということをリサーチしておりました。お恥ずかしいことに私の方では認識がなく、代理店のラックスマンに確認したところその通りでした。しかし運よくブルーの在庫がラックスマンの方にあり一旦仮確保させていただきました。その時に色々お話しながらご試聴いただきました。リファレンスはご持参いただいたクラシックのCD、SACD、そして山下達郎のアルバムRay Of Hope。試聴中にご不満点などもあったのですが、それをケーブルでチューニングをしたところその違いに驚かれて、逆に困惑させてしまいました。
N.M様には別の候補のスピーカーもあり、そちらを用意して後日比較していただくことになりました。

2回目のご来店は1週間後の6月15日。1回目のご来店も雨でしたが、この日もあいにくの天気でした。
比較試聴の上スピーカーはSOPRA N°2、そしてアンプはOCTAVE V80SEに決めていただきました。OCTAVEにはV110SEなどのモデルもありますが、FOCALであれば私個人的にV80SEが向いていると思いますし、またN.M様の音楽の方向性であればということでお勧めした次第です。ここでの試聴はかなりの時間を要しましたので、CD/SACD PLAYERの試聴は後日ということになりました。

非常に熱心なN.M様の3度目のご来店は6月22日になりました。この日もあいにくの雨模様でした。今年の6月は毎週週末は雨だったような気がします。この日にプレーヤーを数機種比較試聴の上AccuphaseのDP-750に決めていただきました。ラインケーブルは一旦プレーヤーに付属されているケーブルをご使用いただくことになりました。その後レイアウトも含めてお話合いをさせていただき、ご検討いただきたい内容をまとめてこの日は終了となりました。

ラック、ケーブルを含めた最後のお話合いは6月29日。比較的お話も短く済みましたので、N.M様には試聴室にてアナログをご堪能いただきました。この日はお一人でのご来店になりましたが、アナログを試聴してもらったのには訳がございます。以前山下達郎さんのファンということでお話を伺った時に、Ray Of Hopeのアナログ盤を聞いていただいたところディスクとの違いにかなり感動されておりました。
そこでせっかくならということで、ゆっくりと山下達郎さんの他のアルバムも含めてアナログを楽しんでいただいた次第です。

それから納品は2週間後の7月12日(金)

残念ながら雨でした。土砂降りではなかったからまだ良かったのですが、このことに関しては奥様も含めて3人の笑い話になってしまいました。
当日は私と弊社のスタッフ遠藤とFOCALの代理店のラックスマンの相田氏、そして合流という形でアキュフェーズ小串氏、フューレンコーディネート加藤氏に応援に来ていただきました。

IMG_1002.jpg

IMG_1006.jpg

ある程度のセッティングが終わったところで、私とラックスマンの相田氏だけ残り最終の音決めを行いました。懸念していた低域は飽和することなく、それぞれの機器の魅力が合い交わって深みの中に、上品さを感じることができました。
もちろん生活空間の中でのセッティングですので、出来る範囲が決まってはくるのですが、
逆に試聴位置のコントロールができましたので、比較的すんなりとセッティングができました。実はその部屋の特徴をN.M様は理解しており、この場所が良い場所であるというポイントを既に見つけられており、実際その場所が非常に良かったということもありました。

今回納品時に間に合わなかったのが、ARTEのピラミッドテレビカバーになります。今回N.M様は買い替えということになりますが、以前よりディスプレーの反射音が気になるということでした。今回テレビは動かせるようにQUADRASPIREの板にキャスターをつけて、テレビを見る時には前に出せるようにしております。こういった工夫というのも良い音への追求になります。今回も非常に楽しいセッティングとなりました。

N.H様

この度は誠にありがとうございました。
またお疲れ様でした。その熱心さは本当に良く伝わってきました。
私もその熱意にこたえさせていただくセッティングさせていただいた次第です。
「自身のモチモノとしての魅力」
このシステムはデザインだけではなく、音楽を奏でる素晴らしい組み合わせだと思います。
是非お好きな音楽をいっぱいかけて楽しんでいただければ幸いです。
試聴から購入、そして納品。楽しい時間を本当にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いしたします。

2019年7月21日 DYNAMIC AUDIO H.A.L.3 島 健悟

N.H様

メインシステム

IMG_1007.jpg

IMG_1004.jpg

IMG_1003.jpg

IMG_1009.jpg

CD/SACD PLAYER ACCUPHASE DP-750

PREMAIN AMPLIFIER OCTAVE V80SE

SPEAKER FOCAL SOPRA N°2

SPEAKER CABLE TIGLON MS-DF12SP-HSE 加工品

AUDIO RACK QUADRASPIRE Q4DSLS/OK

N.M様 ありがとうございました。

***************************
旧訪問記はこちら