天ノ視点 -NFU-USB2.0R-

皆様こんにちは。
4Fは先月からroonを導入して、皆様にご紹介を行っています。(ただ今猛勉強中です)

さて、そんなデジタル系に関して、面白い製品が発表になりました。

Silent House Audio Lab.
NFU-USB2.0R

IMG_2992
Silent House Audio Lab.は神奈川は逗子に工房を置く、オーディオメーカーです。代表を務めておられる紀(キノ)氏は、昔からのオーディオファンで、ここ4F担当島とも長いお付き合いを頂いております。もともと、アンプ系のキットを販売していましたが、今回、デジタル系のアクセサリとして、USBのアダプタを開発しました。
USBのアダプタで有名なところでいえば、iFi Audioから出ている製品等が有名です。USB/DACで楽しまれている方の多くが愛用されています。今回Silent House Audio Lab.から発表された製品は使い方としては、全く同じような使用方法ですが、考え方は異なります。

<特徴>
例えば、iFi社等のアクティブ系が採用している方法としては、専用のICとソフトウェアを搭載して内部的にクロック信号を再生成し、元信号のクロックの揺らぎを取り去りジッターを低減させます。
NFU-USB2.0Rでは、パッシブフィルターを採用している為、元音源に手を加える事はありません。その為、ケーブルや機器の素性をより明確に表現することが出来ます。現在、すでにアクティブ系の製品を使っている方でも、NFU-USB2.0Rを使って頂くことで、音質の向上を期待できますし、USBメモリーやHDD等で再生している方も、ご使用頂けます。こういった自由度の高いのも特徴の一つです。

<使用レポート>
さて、では実際に使用してみましょう。
まず、NFU-USB2.0Rはホストユニットが最重要製品になります。正直な所、ターゲットユニットは、ホストユニットが無いとそれほど意味がありません。
ホストユニットは、出力製品(ミュージックサーバーやPC、USBメモリ、HDD等)のUSB出力に接続します。Aタイプの入出力がありますので、ホストユニット背面にUSBケーブルを接続します。基本的にこれだけです。
4Fでは、色々なUSBケーブルを使用していますが、今回はAIM電子のUA3を使用しました。また、出力製品はESOTERICのN-03T(ネットワークトランスポート/USB出力)を使用、DAC側はCHORDのBluMK2&DAVEを使います。

N-03TのUSB出力→ホストユニット→USBケーブルの形にします。
IMG_3042
使用前後の印象としては、まず、雑味が薄くなる印象です。ピントが合う…というよりも余分な付帯音が消える…というよりも整うといった方が良いでしょうか。全体的に見通しが良くなり、広がりや奥行きのようなステージ感も感じやすくなります。
しかし、アクティブ系の製品よりも変化量は薄いのかなぁとも感じます。
デジタル信号を変えるような製品ではない為、「変化を加える」というよりも「整わせる」といったイメージを持ちます。これは、入力側(DAC)にターゲットユニットを使用することによって、より明確に感じ取れます。
ターゲットユニットの特長としては、USBに使用されるバスパワーを整える目的があります。
IMG_3043
これをメーカーでは「トリートメント効果」と表現していました。確かに、滑らかになるような印象がありますが、実はこのターゲットユニットに関しては、効果が期待できるDACとそうではないDACがあります。バスパワーをDAC本体が供給している製品に関しては、トリートメント効果があまり期待できません。その為、おすすめとしましては、ホストユニットを導入された後、お試し頂くか、お店でご使用中のDACと同じものをご用意させて頂いて検証したほうが宜しいかと思います。とは言ってもオーディオの世界は何をしても基本的に変化はありますので、DAC側のバスパワーを使用しているDACでも変わる可能性は大いにあります。
※ホストユニット・ターゲットユニット共に製品の構造上、使用できない場合があります。
<現在、確認できている使用不可製品(状況)>
CHORD BluMK2&DAVE
BluMK2からBNCケーブルを使ってデュアル接続を行っている場合は、DAVE側のUSB端子がとBNC端子が当たってしまう為、ターゲットユニットが使用出来ません。DAVE単体で使用されている方は少し狭いですが、ご使用頂けます。(※この場合、基本的にBluMK2側にUSBを接続する為、あえてDAVEのUSB入力を使おうとしない限り問題ありません。またDAVEの出力にてRCAを使用されている方はご使用頂けません)
IMG_3044

簡単ではありますが、以上が使用レポートです。
機械的な部分・デジタル信号部分に直接手を加える製品ではありませんので、色々な方にご使用頂けると思います。デジタル系の製品もスペック競争が一段落して、こういったアナログ的な製品で音質を変えていくのが面白くなってきました。今回の製品は、しばらくはメーカー直販と4Fのみでのご販売となります。(一部協力関係にある販売店でもご購入頂けます)
販売に関しましては、4F特設ページをご覧ください。
NFU-USB2.0R特設ページ

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555